ネットの声!世間の声!

「テレビ番組やネットニュースを見て皆はどう思ってるの?」そんな気になる世間の声を集めていきます。

セカオワSaoriの直木賞候補発表に疑問の声続出!「おかしい・・・」

f:id:open1:20171220113407j:plain

SEKAI NO OWARIのメンバーSaoriさんが執筆した初小説作品「ふたご」が直木賞候補作に選ばれたことが発表されました。

世間からは「直木賞は話題性だけで選んでるんじゃないか?」「誰でも取れそうだな」など、疑問の声が相次いでいます。

そんなSaoriや直木賞に対するネットの声・世間の声・みんなの声を集めました。

 

 

直木賞候補って基準がそんなに低いの?って思ってしまう。
他にもっといい作品はあります。

 

他にもっとふさわしい本があると思いますが、、、

 

 

アーティスト気取りの作家気取り。
上っ面な感じの人にしか見えない。

 

直木賞は地に落ちたと思う。
話題性を狙って有名人の作品を候補に入れてるね。

 

直木賞も堕ちたな。

 

 

出版業界も話題作りに大変ですね。

 

 

えー?ちょっとわたし書いてみようかな

 

 

話題先行型の芥川賞に比べ、直木賞はまだ実力主義だっただけに、今回の件は非常に残念。

10月出版、しかも書き下ろしの処女作が候補ってあり得ないと思ったら、なるほど文藝春秋の刊行ね…。

日本文学振興会は実質的に文藝春秋が仕切ってるので、同社から出た作品が圧倒的に有利です。ちなみに又吉の「火花」も文春からの刊行でした。

芸能人に受賞させると大量部数を売れるという甘い蜜の味を忘れられないんでしょうね。おそらくSaoriさんが受賞すると思います。

 

本屋大賞に追い付かれた感は否めない。
直木賞にはプロが選んでるところを見せつけて欲しい。
これじゃ人気取りと何ら変わりがない。

 

芸能人を候補に入れて話題にしようとしてるのかな?

 

 

直木賞も芥川賞も元々は出版業界を盛り上げるための賞であり
特別注目されるような賞でもないマスメディアが作り上げられた虚像
いい例がなんちゃら賞で受賞した水嶋ヒロ

 

直木賞も話題になってもらいたいんでしょうね。

 

 

直木賞は話題賞になってしまったのかな?
作家さんより芸能人の方が取ると若い層も買うし売上数が普通よりあがるのかな?
直木賞の貴重価値がさがるなぁ。

 

そーでもないのに いい女風 気取ってる人 苦手なんです。そのほっぺた何入ってんの?

 

活字離れしてる若い子に目を向けさせる為なんだろうけど、過去にこの賞を取った作家へのリスペクトが感じない そのうちエグザイルとかジャニーズの連中も小説書くんじゃない?
直木賞 二科展 レコ大はオワコン

 

amazonのレビューみると、見事に☆5と1に分かれてた。
読んでみたら☆5は大絶賛。いい本なのかな…と思ってたら
☆1のコメントに納得。曰く、「ファンなら好きだと思う」
セカオワのファンならそりゃ高評価だろうね。
もともとそういう世界観が好きで本も読んだんだろうし。
でもそれがただの一部受けなんだったら、直木賞はどうなんだろう?

 

本を読んでいないのであくまでも印象ですが
又吉もそうだけど芸能人枠が
あるんじゃないの?って正直思っちゃいます。

 

小説作家に専念している人たちって才能がない人が多いのかな。こんなにしょっちゅう、にわか作家に賞を取られたら、賞の重みがなくなる気がする。芸能人枠を設けた方がいいかもね。

 

他に多くの素晴らしい作品が並んでいる中なので、明らかに話題づくり?としか思えません。
本気で候補に選んでいるのであれば、もはや価値のない賞と化しましたね。
パンダイヤーだけに、客引きパンダだと思われます。

 

活字離れの深刻化のせいか、最近は直木賞、芥川賞ともに内容よりも話題作りに必死という印象。ひと時はそれで良いかもしれないけど、長い目で見たときに賞の価値を下げている。

 

真面目に小説家を目指してる人たちをなめてんな

 

 

あぁ
芸能人作家大賞ね。
ライトノベル専門じゃないの??

 

商業目的なのかな?
自分は読んでないから批判しにくいけど、セカオワ、ピアノの人ってだけで読む気がしない。
あのペラペラ歌詞に共感とか真理とか全く感じた事がないから。
もしかしたら、10代だったら読んでたかもしれません。

 

宣伝ね。
興味ない芸能人みても興味ない

 

どんな内容かと思ったら、自分をモデルにしているだけじゃないの?

書きやすいところから始めるのはいいと思うけど、直木賞の候補に上がるほどだろうか?

この小説のあらすじもそうだけど、セカオワの何が嫌って、オレたちこんな可哀想だったけど、成功したんだぜっていう自慢や同情を誘うようなことを、平気でペラペラ喋って拡散させて、そういう系統の曲を惜しげもなく歌う姿勢が気に食わん。

読む気も起きんわ。