ネットの声!世間の声!

「テレビ番組やネットニュースを見て皆はどう思ってるの?」そんな気になる世間の声を集めていきます。

スポンサードリンク

防衛相辞任の稲田朋美に対する国民の声!なぜ今?遅すぎる!

f:id:open1:20170731145518j:plain

陸上自衛隊の日報問題で辞任した元防衛大臣・稲田朋美さん。

今までにも数々の問題が発覚していた稲田朋美さんについての国民の声・ネットの声・世間の声・みんなの声を集めました。

 

50代 女性

ただの勘違いバカ女。政治の場で網タイツとか信じられないダサさ。自分で自分を指して「グッドルッキング」だと! 事実そうだとしてもイタイし、事実でないから救いがたくイタイ。こんなのに表舞台をのうのうと歩かれたんじゃ日本のレベルが疑われます。裏へ引っ込んでてほしい。

 

40代 女性

稲田氏が防衛大臣に任命されたときもこれが適材適所の人事なのかと素人ながらにも一抹の不安を感じた。今回のドタバタ辞任劇でやはりという感じ。ただ、こんなモヤモヤ感の残る辞任劇もない。辞めても説明責任を果たしてほしい。

 

30代 男性

「これでもか」という位に稲田の人格を否定しているが、結局のところ、何故辞職したかは一切触れてないところが、現在のPKO法では海外派遣の任務遂行は困難というのは今回の問題で露見したのに、マスメディアは加計、森友みたいなどうでも良い事ばかり垂れ流して、稲田の辞職で大喜びしている様子。政治屋は自分達の政局の都合で、いい加減な国内法を下に自衛隊員を縛り海外に派遣して、責任を現場に押し付けている事実を理解してもらいたい。

 

50代 男性

稲田さんは、国家間での争いごとに関する重大な判断ができるような人ではない、とほとんどの人がそう思ったはずです。 あくまで個人的な推測ではありますが、稲田さんは前から防衛大臣を辞めたがっていたのかもしれません。安倍総理の期待に添いたいがためにイヤイヤ続けた結果、悪いことが紛失していったように思われます。 今回の一連の問題は、結局、安倍総理の傲慢な判断が招いた結果だと思います。

 

20代 男性

私は稲田氏は安倍総理の次の総理候補だと思っていました。でも、稲田氏を大臣に起用すると失言や答弁の下手なところが見受けられます。野党時代にあんなに民主党を歯切れよく質疑をする稲田氏今はどこにいったのか....

 

30代 男性

稲田大臣の辞任について辞任するのが遅すぎと感じています。大臣である以上発言には注意してもらいたいし、発言には責任を持ってもらいたいです。 そういった理由からもっと早く辞任すべきだったと思います。

 

40代 男性

今までにも籠池氏との様々な問題を抱えながら、首の皮を繋いできましたが今回ばかりは年貢の納め時だったのでしょうね。 自分で依頼した問題解決のための機関が自らのミスを暴いてしまったのですから!!

 

40代 男性

稲田防衛相の辞任は正直遅すぎたと思います。安倍総理がどうしてもかばう面が多かったのでここに至ったのですがかえって政権運営を脅かすことになったのだと私は考えています。

 

40代 男性

特別監察の結果を見ると、日報問題については事務次官が主導したらしい。つまり稲田防衛大臣は、意思決定から外されていたことになる。幕僚長や事務次官からは、稲田氏には防衛大臣としての適性がないと判断されていたのだろう。

 

40代 男性

辞任自体は至極当然のことではあるが、遅すぎると思います。その上に時期が悪い。北との緊張がある中で防衛相のトップが空席になるのは実にいただけない。岸田兼任ではあるがどうせ遅いならちゃんと後釜を決めてから辞めてもよかった。付け入るスキを見せたようなもの。

 

30代 女性

なぜ今の時期に辞任した?と思います。 問題発言をしたときにすぐに辞めていれば、ここまで評価を下げることもなかったのではと思います。 何のためにやっていたのかわからないですね。

 

40代 女性

当初から無理があるのではと声も上がっていたが、個人的には勉強して知識を深めながら任務を全うして欲しいと思っていたので不祥事や問題発言の連発での辞任と言うのは残念と言うか何やってんの?と言う感じです。

 

30代 女性

テレビの情報やコメンテーター政治評論家の意見を聞くと、稲田さんは全く知らなかったとは思えない。 明日何て答えよう。というメモも生々しくリアルだし、報告したという人間がいる事や安倍首相の獣医学部の件についても隠蔽しようという姿勢が見え見えだから、その下に仕えている稲田さんもそうなんだろうと思う。

 

50代 男性

防衛大臣ってすごく大事なポジションなのに色々と知らなすぎ。 女性でももちろんいいのですがやっぱり防衛大臣には自衛隊経験者とか軍備に詳しいとか世界の軍の事情をもっと知ってる人になって欲しいと思う。

 

40代 男性

もっと早く辞任していればここまで問題にはならなかったはずで、政治センスが致命的にないのではと感じた。。本人の資質も問題だが、擁護し続けた安倍首相の任命責任も厳しく問われるべきだと思う。

 

40代 女性

「だから女はダメなんだよ」と言われそうな典型的な例だと感じました。 上の者に目をかけてもらい、ポストを与えられ、切られる。 しっかりとした口調で、仕事ができる印象を受けていましたが、身近にいた人達は一歩引いて見ていたのかなと思いました。

 

40代 女性

都議選の応援の時に失言してしまって、それから、記者の問いかけに、いつも判で押したように無表情で同じ言葉をくり返していたのが、あまり印象が良いとは思えませんでした。 それから、年齢に不相応な甘すぎるデザインのスーツに、レースの網タイツを履くのも、女性から反感かいますね。 タイツは福井の特産品だから、アピールしているらしいですが、センスがあまり良いとは言えないので、逆効果な気がします。

 

10代 男性

辞めるタイミングの判断や経緯はもちろん賛否両論がありますが、辞めて新しい後任に変わった所で国の国防や防衛意識の基本的なスタンスは変わらないでしょう。 ただ今度の安倍政権の国政や支持率には多大な影響を与えることは間違いないでしょう。

 

30代 男性

数々の問題行動・言動などを考えると辞めるのがあまりにも遅すぎたように感じますが、今まで任期途中で辞任した大臣同様に本にが起こした問題の経緯がすべて解明されることはないのではと思います。

 

20代 女性

せっかくの女性大臣で、それなりの地位だったので頑張ってほしいとは思っていました。しかし記者から質問されていた時イライラして答えている感じが見えて大人の対応には思えなかったし、今回の件は責任逃れというか、押し付けている感じがして、うーん・・・と思いました。

 

40代 男性

決断が遅すぎですし、リーダーが知らぬ存ぜぬと語っていては、辞任は当然としか言いようがありませんね。日報問題のグダグダが決定打になったのでしょうが、それ以前の発言問題の際に辞めていれば個人としても自民党としても傷口は浅かったのではないでしょうか。

 

30代 男性

「保守思想」を持っていることはよくわかったが、自衛官を束ねる防衛相のトップとしては不適格。弁護士としては有能かもしれないが、政治家としてはあまり向いていないのではないかと思います。

 

30代 女性

稲田氏というと、TPOが理解出来ない・法律を理解していない・どこか浮ついた人物というイメージがある。避暑地に行くような服装で視察に行くのは、先方に対して失礼だと思う。辞め時を逃したために晩節を汚したのが残念だ。

 

10代 女性

会見を聞いていても核心に迫る部分がどこにもなく、曖昧な表現ばかりだと感じます。 職を辞した所で、国民の疑念は払拭されません。きちんと筋の通った、納得できる説明をして欲しいと思います。

 

40代 女性

弁護士という経歴の割には答弁が下手くそな印象だった。突っ込まれると逃げの答弁で切り抜ける術しかなく、対抗できる能力がない印象だった。タカ派と言われるけど、こんな中身が弱弱しい人だとは思わなかったので、ガッカリ度が大きい。

 

30代 男性

稲田大臣が辞任するタイミングがあまりにも遅かったと思います。問題となっている件が公になった時点で早々に辞任するべきだったと思いますが、安倍首相が更迭するなどの判断があってもよかったような気がします。

 

50代 男性

小池百合子、高市早苗、稲田朋美…次は、三原順子が入閣かな?政治信念や主義主張では入閣できないから日本国民会議に入り薄っぺらの右を標榜する政治家が多すぎます。女性蔑視ではないが、ちょっとひどすぎる。「スサノオノミコトは実在した」と主張する、三原さんの入閣に期待?

 

30代 男性

稲田防衛大臣は確かに頼りなかったです。しかし、なぜこのタイミングに辞任しなければならなかったのでしょうか。北朝鮮よりミサイルが打ち込まれているため、問題を増やすようなことを行なって欲しくなかったです。

 

40代 女性

ずっと前から騒がれていた問題でしたので、なぜこの時期なのかという違和感がありました。問題がわかった段階ですぐに辞めた方がかっこいい生き方であるような気がしました。

 

50代 女性

稲田さんが防衛相を辞任するのは当然のことだと思う。 これまでにも不適切な発言が少なからずあったし、職に留まり続けることはすでに無理だった。 昨今の日本が置かれている厳しい現状ゆえに防衛を強化せざるを得ないのに、肝心の防衛相がこのような体たらくでは日本を守る事が出来ないではないか。 稲田さんも有能な方だと思うが、防衛大臣の職にはその任ではなかった、と言える。